本命まであと1週間(2022年1月15日)

本命校である広島女学院の入試まであと1週間となりました。

 

午前中に安田女子中からの合格証書を受け取り、気持ちを高めて勉強に取り組んでくれる・・・と思いきや、算数、理科の計算問題を立て続けにやらされ、嫌気がさしたようでした。

 

入試までは各教科の基礎的事項の確認や暗記、算数の過去問の解き直しなどを行っていく予定です。

 

勉強の方は今のペースで何とかなりそうです。ベストコンディションで試験に臨めるかどうかだけが心配です。

 

広島県の新型コロナウイルス感染者は相当な勢いで増加しています。

我が家のような田舎でも市中感染が広まっています。一部の小学校は休校になってしまったようです。

広島女学院中は新型コロナウイルス感染に係る特別措置を公表しました。

該当する場合は2月6日に試験を受けられますが、初めてのことなので合格者数、合格基準等全く分かりません。

さらに2月6日は他校でのオリエンテーションの翌日になります。他の学校から合格をいただいている場合は入学金を支払い、制服などの学用品を購入した上で試験を受けることになるでしょう。

どうしても広島女学院に進学したい場合、これらの支払いが無に帰すので家計には相当なダメージとなります。

 

もし長女がこのような状況に陥った場合、どのような選択をするのか分かりません。首都圏の受験では入学金を支払ったものの、他校に進学するケースは少なくないと聞きます。

 

声教チャンネルでは支払った金額を6年で割れば「1日あたりコーヒー1杯」だと言っています。確かにそうかもしれませんが・・・

最新情報をチェックしよう!