冬季講習開始(2021年12月25日)

長女にとって最初の受験日まであと2週間弱となりました。

24日から塾の冬季講習が始まっています。家庭学習研究社のテキストを使うのかと思っていたのですが、どうやら入試問題を想定した問題演習を行なっているようです。

 

昨日と今日で2科目ずつ、広島女学院中を想定した問題を解いたようでした。配点も広島女学院と同じだったようです。問題をざっと見た感じ、広島女学院と同等か少し簡単かと思うくらいの難易度でした。

 

結果は算数75点、国語77点、社会30点、理科35点でした。いずれの教科も弱いと思っているところを間違えており、弱点が浮き彫りとなったのである意味では良かったのかなと思います。

 

受験まであと僅かですが、思ったほど学力が伸びないのかも・・という思いもでてきました。4教科の学習範囲を合わせると相当な量になります。しばらくやっていない単元は少しずつ記憶が薄れている気がするので、それを維持するのに一苦労、そして今できる単元を一つ上の水準に持っていくのに一苦労です。

 

今まで高得点を維持してきた社会も実際に入試問題を解いてみると思ったほど点数が伸びません。少し深い部分まで理解できていないので、選択肢を2つまで絞れても、残り1つを決めきれないような状況で間違えていることが多い印象です。とはいえ、社会にばかり時間をかける訳にはいきません。

 

長女は算数に伸び代があると思っているので、家庭学習研究社のテキストを中心に算数に比重を置きつつ、この2週間を過ごしていこうと思います。

最新情報をチェックしよう!