【家庭学習研究社】第1回模試 結果返却

先日受けた家庭学習研究社の第1回模試の結果が返ってきました。これまでは塾内10名程度の少人数での比較だったので、長女の立ち位置が分かる初めての模試となります。自己採点の時点では、苦手の算数で普段のマナビーテストと比較して良い点数が取れていたので、高順位が期待できそうでした。

 

初めて知ったのですが、成績表には偏差値は出ないのですね。記載されているのは得点、順位、合格判定、合格可能性、科目ごとの学力評価の推移などでした。なので、順位で長女の成績を見てみると、

 

社会>算数>理科>>総合>>>>国語でした。

 

国語が平均点以下だったので、この点を引き上げることが今後の最大の課題となります。長女が志望している広島女学院の合格判定は何とかAをもらえたので、ひとまず安心しました。

 

今回の模試では今まで分からなかった長女の立ち位置と課題が明確になったので良かったと思います。ともかく、国語を何とかするべく動いていかなければなりません。

 

 

最新情報をチェックしよう!