受験初日:安田女子中学校A日程(2022年1月10日)

ついに入試初日となりましたね。受験された方はお疲れ様でした。

 

昨日は早めに入浴し、夕食を済ませ、長女は20時過ぎには就寝しました。布団に入ってから間もなく、眠りに入ったようでした。

 

私はというと同じ時間に入ったものの、いつもの時間(23時頃)までは眠れませんでした。

 

遠方からの受験となるため5時に起床しました。最近の長女は寝起きに20〜30分近くかかっていましたが、今朝は呼んでから5分ほどで起きてきました。

 

食事中、緊張しているか改めて尋ねてみると、全く緊張していないとの回答。食事をしながら、漢字帳を確認していました。

長女は暑がりなので、着ていく服をどうするか少し悩みました。試験中に換気が行われるようなので、温かめな服装にすることにしました。

 

6時に家を出て、1時間弱で会場周辺に無事到着できました。周辺の駐車場に空きがあるかが不安でしたが、早めに着いたこともあり、比較的近い場所に駐車できました。

 

入室までに時間があったので、目を覚ますのとトイレを済ませておくため、新白島駅まで歩きました。

 

駅から車に戻ってくる頃には早くも数名の受験生と保護者が学校の方向に歩いて向かっていました。長女はそれを見てもう出発したい気持ちでしたが、着いても20分以上は待たなければならないので、10分程度は車で待機しました。

その間に、試験が始まったらまず受験番号と名前を書くこと、記号で解答する問題は必ず何か書くこと、試験前には必ずもう一度トイレを済ませておくこと、試験が全体的に難しいと感じる場合は他の受験生にとっても同じだから焦らず、できる問題をしっかり解くように伝えました。

 

受験会場に着くとすでに100名近くの受験生と保護者が集まっていました。制服を着て来ている子が意外と多いなと思いました。

 

予定よりも少し早く入室が開始されました。何か気の利いたことを言うべきか以前から考えてはいたのですが、結局は普段どおりがいいのかも・・という結論に至り、「頑張ってきんさい」と肩を叩いて送り出しました。

 

他の受験生とともに校舎に入っていく長女を見て、いよいよこの時がやってきたと改めて思うと共に、今まで頑張ってきた姿が思い出されます。とにかく、悔いのないように試験を終えてくれるよう願うのみです。

 

待ち時間は3時間ほどでしたが、あっという間に過ぎていきました。

試験を終えた長女は浮かない顔でした。国語ができなかったようです。

 

大問2を解くのにかなり時間がかかったようで、大問3の抜き出し問題のいくつかと、記述が手付かずとのことでした。大問1の敬語の問題を解けなかったのを引きずっているようでした。

 

算数は何問か解けなかった問題があるものの、8割くらいはありそうとのことでした。

 

長女的には「落ちたかも・・・」といった感じですが、ある程度は予想できた状況でした。本命は明日のB日程です。国語、算数で平均点以上取ってくれれば、社会と理科で逃げ切るつもりでいます。

 

長女には、明日が本番だから今日の試験は受けなかったものと考えるよう伝えました。気持ちを切り替えて、明日の試験に臨んでくれればいいのですが。

 

・・・と、この記事を書き終えたところで、試験問題を持って帰っていることが発覚したため、この後一通り問題を確認しようと思います。

最新情報をチェックしよう!