第5回家庭学習研究社模試結果(2021年12月18日)

最後の模試の結果が返ってきました。

 

自己採点結果に関しては模試終了直後の記事で書きました。

http://jukensurukee.com/家庭学習研究社第5回模試結果(2021年12月6日)/

 

結果的に自己採点からのズレはありませんでした。

順位としては社会>理科>総合>>国語>算数でした。総合で一応は成績優秀者に入ることはできましたが、過去5回の模試で順位的には最も悪かったです。国語は平均点近く、算数は平均点以下でした。そのため、算数と国語の配点の高いノートルダム清心中と広島女学院中の順位は総合の順位と比較するとかなり下がってしまいました。

 

過去5回の模試を通して、合格可能性の推移は次のようになりました。

 

家庭学習研究社からの学力の診断、科目ごとの学力評価の推移は以下の通りです。

 

こうしてみると、長女は理科と社会で保っているようなものです。残りあと1ヶ月、国語は不確実な要素が多すぎるので、算数をどこまで伸ばせるかが合格の鍵になりそうです。

最新情報をチェックしよう!