過去問開始(まずは安田女子から:2021年9月11~12日)

模試やマナビーテストが一段落したので、いよいよ過去問を解いていくことにしました。この土曜日と日曜日で、安田女子の2019年と2020年の過去問を解いてみました。

 

家にある過去問は2019年が国語、算数、社会、理科、2020年が国語と算数がでした。2019年の問題は合格者のデータ等が分からないので大まかな点数のみですが、2020年の方は専願と併願、特進と総合の平均点や合格最低点が収載されていたので現時点での合格の可能性が多少なりとも分かります。

 

2019年の過去問は国語6割、算数7割、社会8割、理科8割程度の正答率でした。

 

2020年の方は国語5割程度、算数8割程度でした。併願特進の合格最低点が132点、併願総合の合格最低点が104点だったので、特進の合格最低点には現時点では届いてなさそうでした。算数は大問5を解く時間が全くなく、すべて空欄だったのが響いていました。あとで解いてみると全問正解できていたので、ひとまずは良かったのではないかと思います。国語が安定して7割程度取れるようになれば、かなり合格が近づくのですが・・・

最新情報をチェックしよう!