臨時休校期間中の過ごし方

新型コロナウイルスの影響で本日より小学校が休校となりました。

我が家は共働きのため、祖父母の応援が難しい場合に長女は児童クラブに通うことになりそうです。

長女が通う学習塾は現時点では休校になっていませんが、大手の塾では休校となっているところもあるようです。

そうなってくると自習用の教材が必要となってきますが、amazonで学習ドリルが品切れとなっている話もあるようです。

休校期間が長いため、家での過ごし方が今後の学習に大きく影響すると思われます。

 

休校期間中は英語学習を重点的に

思いがけない事態となりましたが、数週間にわたり学習時間を確保できるようになりました。

 

長女は英検3級まで取得していますが、5年生になると学習の負担が増えるため、英検準2級の受験をどうするか迷っていました(以前の記事:中学受験と英検を参照)。

できれば早めに準2級の筆記試験に合格し、2次試験(面接)は1年間の受験猶予期間のうちのどこかで合格できればと考えていました。

そのためにまずは公文式で英検準2級レベルまでの教材を終えることを目標に、今まで5枚ずつだった宿題を、最近1日10枚に増やしたところでした。

今回、臨時休校により英語の学習時間を確保できたので、公文式の宿題を1日10枚から15枚へとさらに増やし、早い段階での英検準2級合格を目指します。

 

単語、熟語の暗記を同時進行で

英検準2級となると、親も分からない単語・熟語が増えてきました。

とりあえず旺文社の「でる順パス単 英検準2級」を購入し、公文式の英語と英単語・英熟語の暗記を同時進行で行っています。

 

最近の単語集は無料で音声ダウンロードして、スマホで聞けるようにようになっているんですね。

英検準2級のリスニングはかなり難易度が上がると思われるので、英会話に慣れるためにも特典は助かります。

 

2020年年度試験日程

2020年度の英検試験日程は第1回検定:5月末、第2回検定:10月初旬~半ば、第3回検定:1月中旬となっています。

もし、第1回検定に間に合い合格できれば、受験勉強への負担はだいぶ軽くなるので、この休校期間を利用して何とか頑張っていきたいところです。

 

 

最新情報をチェックしよう!