緊急事態!!

新型コロナウイルスの影響で結局4月13日から小学校は休校となってしまいました。

長女が通っていた塾もこの影響を受けて休校になるのかと心配していたところ、思いもしない事態となってしまいました。

 

長女の通っている塾が廃業してしまった!!

4月8日夕方、いつも通り長女を塾に送り届け、長男を保育園に迎えに行った後、家に帰って夕食の準備をしていました。そこに仕事を終えた妻が帰宅してまもなく、何故か長女も帰宅してきました。

「今日、塾がなくなった・・・先生がお母さんと話をしたいと言っている。」

妻が外で先生と話をしています。

てっきり新型コロナウイルスの影響で塾が休みになったのかと思いました。帰ってきた妻から

「先生、塾をやめるんだって・・・。」

とのこと。

妻のスマホに塾を廃業する旨の留守電が入っていたのですが、この日は偶然にも全くスマホを確認していなかったので、気付かずに塾に行ってしまったのです。

数年前より塾生が減少傾向にあり(特に中学生)、経営的に厳しかったとのこと。講師をお願いしていた人の都合もつかなくなったことから経営を続けていくことが困難となり、急な廃業に至ったとのことでした。

地域柄、限られた数の塾しかないこともあり、中学受験をするにあたってこれからどのようにすれば良いのか・・・途方に暮れた妻は涙が止まりません。

 

これからどのように学習していくか

長女が通っていた塾は中学受験に特化した数少ない塾でした。他の塾に通うか、Z会などの通信教育を行うか、最近話題のスタディサプリ小学講座を行うか、選択肢はあるものの、広島で中学受験をすることを考えれば、やはり広島の受験に精通した塾に通うことが望ましいと考えられました。

近隣の塾をすべて把握できているわけではありませんが、これまでに通っていた塾とは別に中学受験対策を行なっている塾があったため、そこに受け入れ可能か確認してみることにしました。

これまで通っていた塾に通っていた他の保護者も同じように考えていたようで、私が連絡をした時にはすでに何名かから問い合わせがあったとのことでした。幸い、定員に若干名の空きがあるとのことでしたので、翌日より早速通塾することになりました。

これまでの塾では家庭学習社のテキストを使用していましたが、新しい塾でも同じテキストを使用していることでしたので、スムーズに転塾できそうです。

最新情報をチェックしよう!