第5回マナビーテスト結果(6年生) やはり国語が・・・

金曜日で第5回のマナビーテスト(2020年度の問題)が終了しました。今回は勉強を開始するスタートダッシュは良かったですが、体調不良があったので時間的に仕上げ切ることができませんでした。

 

 

テスト結果

国語42点(爆)、算数64点(泣)、理科79点、社会94点でした。

 

前回に続いて国語の点数が壊滅的でした。1日1問程度、短めの長文問題に触れたりしていたのですが、その教訓が全く活かされていないことに愕然としました。なんと、問題文に接続詞や筆者の主張、重要語句などのチェックが全くなされていなかったのです。この点に関しては最近の学習で口酸っぱく言ってきたつもりだったのですが・・・やはり本格的に国語に時間を割いて学習する時期に差し掛かったようです。

 

算数は長女的に高得点が取れるつもりでテストに臨んだようですが、私としては良くて80点くらい・・恐らく70点前後だと思っていました。というのも、マナビーの問題を何周かしましたが、問題を見て解き始めるまでに若干の時間がかかっていたからです。理屈を理解することは重要ですが、繰り返し解いている問題に関しては問題を見てから早速手を動かしてほしいものです。解答用紙を見ると、75点くらいは取れても良かったかと思います。

 

理科はちょっとした勘違いから何点か落としていました。酸素、二酸化炭素発生の計算問題はまだ本人の中でしっくりきていない感じがあります。

 

社会はよく頑張ったと思います。それなりに時間をかけた成果が出ています。今の調子で頑張ってほしいです。

 

総評

受験の要である国語、算数で点数が伸びないのは今後の不安材料になります。特に国語に関しては長文の解き方が全く身に付いていないので毎日時間をかけて、丁寧に取り組んでいきたいと思います。

最新情報をチェックしよう!