第3回マナビーテスト(後期)途中経過(2020年の問題) (2021年10月6日)

模試、マナビーテストなどのテスト勉強に多くの時間を取られています。理想的にはもう少し幅広く復習したいのですが、目の前の勉強をする事で精一杯です。これが受験まであと数ヶ月に迫ったということなのでしょう。

 

今日は国語、理科の第3回マナビーテスト(2020年の問題)がありました。

 

結果として、国語62点、理科88点でした。国語に関しては平均点が分からないのでなんとも言えませんが、物語文の出来は良かったようです。説明文の方は時間がなく空欄がいくつかある状態でした。先日の模試で長文問題の文章は傍線部周辺しか読んでなかった長女。しっかり読めた物語文で点が取れたのは救いと思いたいです。

 

一方、理科は好調でした。間違えたところも自分で解き直しでき、力がついてきているように感じます。

 

帰宅後はマナビー国語で手をつけていなかった問題をやりました。今に始まった事ではありませんが、記述問題の答えが全体的に回りくどい書き方をしているので、この点も直していかなければなりません。

最新情報をチェックしよう!