第21回マナビーテスト(国語、理科)

昨日8日金曜日は本来通常の授業が行われる予定でしたが、前日に急遽マナビーテストの2科目(国語、理科)が行われるとのアナウンスがありました。そのため、前日はマナビーから国語の漢字の見直しと理科の復習を行いました。理科はてこの分野なので計算がメインですが、今回はアタックが範囲ではないので上皿天秤の扱い方がかなりの問題数を占めると思われました。なので、理科の復習は上皿天秤の扱い方を中心に行いました。長女曰く、「理科は100点を取る!」とのこと。

 

翌日、塾が終わって車に乗り込むと同時に「時間が足りなかった・・・」と落胆の表情。「あと5分あれば全部解けたのに・・・」とのこと。

 

国語はいつもと大体同じくらいの点数の68点、理科はラスト4問が空白で84点でした。理科で間違えたのは時間が足りなくて解けなかった4問のみで、テスト後の復習時間ですべて正答できたとのことだったので、実質100点と言ってもよいのではないかと思いました。

 

家に帰ってもショックから立ち直れないようだったのですが、その大きな理由は理科で100点を取れれば、その日はゲームをして遊んでよいと妻に言われていたからだったみたいです。今回は頑張りに免じて遊んでもよいことにしました。残すは社会と算数です。2教科で168点取れれば、一応の目標としている320点に届きます。3連休あるので、かなりのところまで仕上げられるのではないかと思います。

最新情報をチェックしよう!