第2回マナビーテスト結果

残りの2教科(算数、理科)のテストを終えました。算数第2単元は「速さ」に関連した単元となっており、どの中学校を受験するにおいても最重要な内容です。マナビーを3〜4周することを最低目標に取り組んできました。

 

 

 

テスト結果

算数80点、理科86点でした。算数は5年生からマナビーテストを受け始めて、2回目の80点以上の点数となりました。解けなかったのは、今回のテストの中でも正答率が低いと思われる問題で、今までのテストであった単純な計算ミスがなかったのが良かったのだと思います。

 

理科はマナビーから「水溶液の性質」、アタックから「わたしたちの体」の分野が出題されると思っていたのですが、アタックからは「もののとけ方」が出題されていました。解いているのは昨年度のテストなので、今年度からは出題順序が入れ替わったのでしょうか?結局「もののとけ方」の範囲はノー勉だったものの、1問ミスで抑えることができました。あとは、与えられた条件から水に溶けている物質を選ぶ問題を数問間違えていました。肝となる中和滴定の問題は解けていたので良かったと思います。

 

今回のテストは国語46点、算数80点、社会89点、理科86点でそうとくてん301点となりました。国語で得点できなかったので、今回は300点を取るのが厳しいと感じていましたが、算数で何とか踏ん張ってくれました。算数で良い点を取れたことで、苦手意識を払拭し、前向きに取り組んでくれることを望みます。

最新情報をチェックしよう!