第18回マナビーテスト結果

昨日は第18回マナビーテストでした。

いつものように理科・社会を重点的に、算数はこれまでよりは学習時間を確保、国語はほぼノー勉で臨みました。とはいっても、1週間前は英検2次試験対策を行なっていたため、実質マナビーテスト対策にかけることができた時間はこの5〜6日程度でした。

 

結果は算数34点、国語70点、理科86点、社会98点、総得点288点でした。

 

算数は前回の37点に続いての酷い点となりました。解答用紙を見てみると、比較的簡単な大問3や大問4を飛ばして、後半の難しい問題を先に解いているようでした。復習するとそれなりに理解しているものの、線分図を作成し、計算を始めるまでに時間がかかっていました。試験時間は40分ですが、おそらく70分くらいなければ解ききれない感じがしました。

 

国語は時間が足りず、最後の3問を解ききれませんでした。漢字もいつもは満点だったのが、今回は2問落としていました。文章題は読みやすい内容だったと思いますが、音読しながら長女が理解できてなさそうな語句の意味を聞いてみると、10個以上はそのような語句があったので、実際には文章の肝は理解できていなかったのかもしれません。

 

理科は18単元で最も重要と思われるヒトの心臓に関する問題はすべて解けていたので、ひとまずは安心しました。太陽光度に関する問題、魚の尾びれを流れる血液の問題などを間違えていました。

 

社会はテキストに載っている写真や資料、重要イベントが起こった場所までしっかり確認していたこともあり、1問ミスで終えることができました。

 

英検があったとはいえ、やはり、絶対的に算数にかける時間が足りないようです。長女の中でも算数への苦手意識が芽生えている感じがしています。この3連休中に第19単元の予習を行う予定です。

最新情報をチェックしよう!