本日の学習(2021年4月18日) 次こそ算数で高得点取れる?

今日は午前に計算、漢字、算数「過不足算」、午後からは国語、理科の学習を行いました。

 

算数は原田式プリントの過不足算で昨日の続きを解いていきました。この分野は余りと不足の表現を正しく理解することが第一段階になります。長女も所々、余りと不足の解釈を逆にして間違えていましたが、それが分かるとスムーズに最後の問題まで解けていました。「私、過不足算が好き……」とのこと。そりゃああれだけスラスラ解ければそのように感じるでしょう。他の単元からもこの発言を聞きたいものです。これで算数はステージ3までの予習ができたので、他の教科も余裕を持って取り組めそうです。

 

国語は、説明文を2題解きました。筆者の主張、文章の構成を重視して解説しました。筆者の主張、意見を見つけるのにまだまだ接続詞、語尾に注目できていません。

 

理科の第5単元は酸素と二酸化炭素しかないんですね。二酸化マンガンが出てきていたので、触媒が如何に化学にとって重要かを解説してみました。がんばりチェックの途中まで解いたところで今日の学習は終了です。最後に大河ドラマ「青天を衝け」を家族全員で見ました。幕末動乱期を理解するのに格好の教材だと思います。

最新情報をチェックしよう!