本日の学習(7月5日)

今日は英検準2級合格に向けての学習を主に行いました。直近での試験日が10月にあり、残すところ3ヶ月弱となっています。塾の勉強もあるため、今のうちから少しずつ英検の勉強も行なっていきます。

その他は「SAPIX 漢字の要STEP1マスターブック」より細部ミスに注意すべき漢字35〜36、「中学入試 でる順過去問 ことわざ・語句・文法」から慣用句①〜②、「中学入試 でる順過去問 計算」から分数・小数④をやりました。

漢字、慣用句は事前暗記なしに問題を解いています。漢字については、漢検の勉強をしていたので、何も勉強していなくても大体7〜8割くらいは正解できていますが、慣用句はほとんどが見たことのない言葉のため、一旦問題を解いて覚えることを繰り返しています。

 

前回のブログで単語帳の作成について触れましたが、評価数の高かった以下のアプリを使って、本日より作成を開始しました。

単語帳アプリ 単語帳メーカー

単語帳アプリ 単語帳メーカー
開発元:ar.inc
作成しているのは「中学受験国語 文章読解の鉄則 増補改訂版」の第5章にまとめてある「中学入試 知らないと差がつく重要語句」です。検索してみると、わりと多くの方がお勧めの書籍として挙げています。

大体500語ほどあると思われます。先日のマナビーテストで長女が意味の分からなかった「あさましい」もこの中にありました。他の参考書に載っているような標準的なものはあえて除外されており、難関校向けの内容になりますが、5年生の今のうちから取り組んでいくことで、国語文章読解に寄与するものと考えて作成していこうと思います。

紙媒体の単語カードではどうしても大きさが限られるため、語句の理解に重要な例文を入れ込むことがスペース的に難しいですが、アプリの単語カードでは例文を複数書いても余裕があるところがいいですね。あとは手書きよりも作成スピードが断然早いのも利点です。
↓カードの表で
↓カードの裏です。
今日は2〜3時間ほど作成に取り組み、4分の1程度作成しました。今後も空き時間を見つけて、少しずつ作成していきます。
最新情報をチェックしよう!