本日の学習(6月16日)

木曜日に塾のテスト(国語と理科)が決まったとのことで、今日は理科の学習を行いました。今回こそ、90点以上を目指します。

学習単元は「ジャガイモの育ち」と「植物の葉と日光」です。

ジャガイモについては、家の畑に植えてあり、長女が自分で芽かきや土寄せを経験したので、覚えやすかったようです。

今回は葉の中のデンプンを調べるアルコール脱色法について重点的に学習しました。

 

アルコール脱色法について

アルコール脱色法について、要点を以下に記載します。

  •  葉を熱い湯に入れるのは、細胞壁を破壊し、アルコールによる脱色やヨウ素液での染色を行いやすくするため
  •  脱色を行う目的はヨウ素デンプン反応による色の変化を観察しやすくするため

 

より理解を深めるためには、アルコール脱色法の各手順がどのような目的で行われているか、知っておく必要があると思います。

色々調べてみると、このアルコール脱色法は簡単そうに見えて難しい実験のようです。。葉を熱い湯に入れて熱するところで、湯温が低くなり、その後の脱色に失敗するケースが多いようです。

 

ジャガイモはナス科、サツマイモは何科?

サツマイモと同じ科の植物を選ぶ設問がありました。

サツマイモはヒルガオ科の植物です。アサガオもヒルガオ科の植物になります。

アサガオ、ヒルガオ・・・そして、ユウガオ、ヨルガオという植物もあります。

アサガオ、ヒルガオ、ユウガオ、ヨルガオ・・この中で一つだけ別の科の植物があります。

答えは・・・

 

 

 

 

 

ユウガオはウリ科の植物です。

漫画「金田一少年の事件簿」の首吊り学園殺人事件??で、ユウガオが事件の解決に導くキーアイテムになっていたと思います。

 

まとめ

ひととおりテキストの問題を解いたので、明日、明後日で繰り返し演習を行えば、少なくとも80点くらいは取れるのではないかと考えています。

最新情報をチェックしよう!