本日の学習(2021年9月19日)

今日は2016年の広島女学院国語の過去問の続きから解いていきました。残りを約20分で解くことになったわけですが、とても時間が足りず、得点的には6〜7割程度でした。文章や設問に線を引くなどのチェックがほとんどなく、果たしてどうやって解いていったのかといった感じでした。これでは点数が伸びるはずがありません。

解説の流れから、今後は物語文を読むにあたっては、気持ちの変化を表す表現に注目してチェックしてはどうか・・という話になりました。きちんと取り組んでくれれば、多少なりとも効果はあると思うのですが・・・

 

算数は模試の過去問にN進法の問題が出ていて、初見だったので原田式プリントのN進法①〜②を解いていきました。パズルを解くような感じでスラスラ解いていきました。

旅人算に苦手意識があるので、予習にはなりますがマナビー第3単元の速さの問題を解いていきました(ステージ2〜3)。解いてみると、少し時間はかかりますが練習問題Bまでは結構解けていました。ステージ3の時間一定、距離一定の考え方はかなり重要だと思うのですが、意外と苦戦せずに解いていたので基礎的な考え方が身についてきたのかもしれません。

 

理科はマナビー第2単元ステージ3の問題をやっていきました。計算問題は段々と難しくなってきていますが、現象を理解して解けるようになってきており、頼もしく感じました。

 

あとは国語の点数が安定してくれれば言うことはないのですが・・・

 

 

最新情報をチェックしよう!