本日の学習(2021年6月20日)理科:模試対策も開始

今日は算数、社会、理科の予習復習を行いました。

 

まず、算数は昨日予習した「点の移動とグラフ」の理解が不十分だと思われたので、原田式プリントから「移動 – 点の移動3 – 面積とグラフ」のプリントを解きました。最後の方は相似を利用して解く問題だったので少し難しかったかもしれません。

 

その後、ステージ4に出てくる「展開図の頂点打ち」の問題も原田式プリントで解いていきました。これまでこの手の問題は頭の中で展開図をイメージしながら解いてきた訳ですが、このプリントに出てくる「対角打ち」という考え方を使えば、確実かつ素早く解けることが分かり、とても良かったです。

 

理科はステージ1の「水溶液の濃さ」をざっと復習していきました。考え方は忘れていませんでしたが、計算で割り切れない場合に正解しているか不安になって、確認のために問題を解くスピードが落ちる傾向にありました。

 

社会はこれまでに3〜4回くらい原始〜近代を繰り返していますが、今までに出てこなかった内容が随所に出てくるため(例えばバテレン追放令とか)、覚えていくのがなかなか大変です。単純に出来事の名称や年号を覚えるのではなく、なるべく時代の流れを意識して学習していきたいです。

 

最後に7月の模試に備え、5年生初期のマナビーテストを解いてみました。主に生物分野の復習が目的です。最近この分野は全く復習していなかったですが、80点前後は取れていたので、それなりに覚えているのだと思いました。理科の暗記分野と社会の地理に関しては、模試まで時間の許す限りマナビーテストの過去問を振り返っていく予定です。

最新情報をチェックしよう!