本日の学習(2021年5月10日)国語:説明文

今日は塾の日だったので、家庭学習は国語の長文1題のみ解きました。

 

いつものように旺文社「中学入試 国語文章読解のまちがえるところがすっきりわかる」を用い、武田邦彦「君が地球を守る必要はありません」の説明文を解いていきました。要約すると、世界中にたくさんの食糧が溢れているのに、8億人のもの人が飢えているのは、お金持ちが余分に買って捨ててしまうから・・という内容です。

 

最近、説明文を解く時に注意するよう伝えているのは「具体と抽象」、「筆者の主張」です。毎回口酸っぱく伝えていますが、「具体と抽象」がノーチェックのことがあります。「抽象」と「筆者の主張」が分かれば、これを繋げていくことで大まかな要約が完成します。

 

長女に要約させると「〜があって、〜で、〜で、〜〜なんよ」と、とにかく話が長く、要約になっていません。それは「具体と抽象」がきちんと識別できていないからだと思います。とはいえ、2〜3週間前と比べるとマシにはなってきている気はしています。やはり日々訓練あるのみです。

 

最新情報をチェックしよう!