本日の学習(2021年1月30日)ロシアと北方領土問題

次回の社会のマナビーテストの範囲は満州事変以降となっているようです。近代史を理解するためには日本だけではなく、当時から現在に至るまでの世界情勢を知っておくことが重要となってきます。よって、今日はyoutubeでソ連(ロシア)の近代史と北方領土問題を学ぶことにしました。

試聴したのは「中田敦彦のyoutube大学」の以下の動画です。

 

 

 

1年以上前の動画になるので、そこまでの情報となりますが、北方領土問題の発生した経緯と現在までの流れが分かりやすくまとめてあります。動画の内容と補足でポイントとなるのは以下の内容かと思います。

 

  •  1945年8月15日時点では終戦ではない(9月2日の降伏文書調印で終戦)
  •  8月16日からソ連は千島侵攻を開始
  •  国後島と択捉島は9月2日以前に占領?歯舞群島と色丹島は9月2日以降に占領?(ソ連軍は8月28日に択捉島上陸、9月1日に国後島、色丹島に上陸、9月3日に歯舞群島に上陸している。参考:独立行政法人北方領土問題対策協会HP
  •  ソ連はサンフランシスコ平和条約に署名していない
  •  北方領土「4島返還」か「2島(歯舞群島、色丹等)先行返還」か
  •  北方領土問題は歩み寄りと頓挫の繰り返し
  •  天然ガスパイプライン構想

 

明日以降、EUの成り立ち、中東問題等も学んでいこうと思います。

最新情報をチェックしよう!