本日の学習(日本の水産業:続き)

昨日に続いて、日本の水産業についてテキストの「チェック問題」、「すすんだ問題」を解いていきました。

昨日説明した潮目について、聞いてみると「えーっと、、、水の対流が〜〜」という感じでまだ知識として定着していないようです。

大陸棚が良い漁場となる理由について質問したみたところ、潮目と混同しているようでした。

 

漁法について問われた問題を見て、

「これは覚えている。底引き網でしょ!でも、はえ縄漁のはえ縄って何?」との質問。

はえ縄は『延縄」と書き、延縄とは1本の長い幹縄から垂れている多数の枝縄のことを言うようです。マグロといえば、テレビ番組などで一本釣りが有名ですが、この延縄漁が主流となっています(マグロで有名な大間では昼に一本釣り、夜間に延縄漁が行われているようです)。

「SAPIX 白地図トレーニング帳」も併用し、日本の代表的な漁港も覚えられてきました。少しずつ知識が繋がりつつあります。とはいえ、数日放置するとすっかり忘れてしまうと思われるので、計算・漢字演習と平行して繰り返し、問題を解いて行こうと思います。

 

最新情報をチェックしよう!