授業参観

  • 2020年2月17日
  • 雑記
  • 197view

今日は長女の授業参観日でした。私は仕事で出席できませんでしたが、織田信長に関する話だったようです。まだ4年生なので、普通なら歴史の授業は行われないと思いますが、学んで楽しい内容をとのことでこの題材が選ばれたようです。

 

妻の感想としては、大人が聞いていても分かりやすかった、多分今日の話は忘れないとのこと。長女も初めて聞く話だったけど、面白かったと言っていました。

 

桶狭間の戦いでなぜ信長が勝てたのか、なぜ戦国大名が京都を目指すのかなどの話があったようです。

 

日本史は言葉の暗記にはしりがちですが、時代背景を知る事で飛躍的に理解が深まる教科だと思います。最近ではインターネットのまとめ記事や漫画、youtubeのようなメディアなどで分かりやすく解説されたものがたくさんあるので、活用していきたいですね。

 

因みに私が日本史に興味を持ったきっかけは、テレビゲームの『信長の野望』シリーズをやったことでした。今でもコーエーテクモから最新作が発売されています。このゲームをある程度やりこむと武将に関する知識は勿論のこと、昔の日本の地名や戦国時代の歴史イベントなどが自然と覚えられるのでお勧めです。

最新情報をチェックしよう!