家庭学習研究社第4回模試(2021年11月7日)

今日は家庭学習研究社第4回模試でした。2〜3日前から少し風邪気味だったので、体調が微妙かもしれないと思いつつ、試験当日を迎えることになりました。遠方からの受験となるため、吐き気止め、風邪薬、抗アレルギー剤などを飲んで出かけました。

 

試験終了後、感想を聞いてみるといつものように「算数が・・・」とのコメント。「国語は全部埋めれたけど、社会も理科も時間が足りなかった・・」とのこと。

 

自己採点では社会>理科>算数>>国語でした。

 

時間内に解答欄をすべて埋めることができたのは良かったのですが、結果的には今回も国語が厳しかったです。問題用紙を見ると必要な箇所にチェックはできていましたが、それを活かしきれていません。ただ線を引いただけになってしまっています。

 

算数は大問2で2問間違えていました。ここを落とさなければまずまずの点数だったのですが・・・大問2(6)は長女の苦手な速度や時間の単位を揃えて解いていく問題で、出なければいいなと思っていたのですが、案の定間違えていました。

 

社会も理科も正解してほしい問題を何問か落としており、どちらも80点には届きませんでした。

 

こういった状況なので、目標としていた合計300点には到底及びませんでした。体調が悪かった影響もあるのか、そもそも学力が足りなかったのか・・解き直しをすればそれなりに解けはするのですが。どの問題も基礎から逸脱するものではないと思うので、地道に勉強していくしかありません。

最新情報をチェックしよう!