今後の国語の学習をどのように進めていくか

これまで、理科、社会を中心に学習を進めてきました。11日で英検の試験が終わり、合否はともかくとして一段落するため、そろそろ主要科目である国語や算数にも重点的に取り組んでいかなければならないと思います。

 

算数は計算練習、マナビーの問題をしっかり解くことで良さそうですが、国語は漢字や語句などの暗記物以外はどのように学習していけば良いのでしょうか?言うまでもなく、国語のテストの大部分は文章読解になります。これをどのように学んでいけばいいのでしょうか?

 

私自身、中学受験から大学受験に至るまで国語には苦手意識がありました。しかし、特に大学受験において、現代文の勉強は塾のテキストや模試の問題を解く以外のことはほとんどしてこなかったと思います。恐らく、国語という科目(特に現代文)は日本人であれば理解の差はあれど、文章を大まかに読めることが問題なのだと思います。分からない言葉があっても読み飛ばしたり、勝手な解釈で読み進めていく結果、点数に繋がらないのでしょう。作者が伝えたいことと出題者の解釈が異なっている場合もあると聞きます。

 

そもそも私は説明文や物語文の構成というものを学生時代に意識して読んだことがありませんでした。塾の先生もそのような重要なことは教えてくれなかったと思います。長女が中学受験をするようになり、改めて国語の文章読解を勉強すると、数学の公式のように国語にも決まった型があることが分かりました。これは様々な書籍やyoutubeなどのメディアでも言及されていることです。その訓練を今から1年かけてしていけば、ある程度の国語力は得られるのではと思っています。

 

そのために良質な文章が扱われている入試問題の過去問を題材にして学んでいこうと思い、某フリマアプリで偶然出品されていたみくに出版の「中学入学試験問題集 国語編 男子・共学校」を購入しました。

 

できれば、女子校のものが良かったのですが、出品されていなかったので仕方なしとしました。これを用いてできれば今後1〜2日に1題程度、以下の内容で取り組んでいきます。

 

  •  題材に扱われている文章から一般的知識を習得する
  •  説明文、物語文の解法を意識して読み進めていく
  •  問題は文章の要点に関係する部分を中心に解いていく
  •  文章中に出てくる頻出語と思われる語句をリストアップして暗記する
最新情報をチェックしよう!